剛毛は一般的に固く太い体毛を指しますが、毛穴の大きさや色素の含有量が剛毛が発生する条件に大きく関わってきます。特に脱毛処理による強い刺激は体毛の変質に繋がりやすく、当初は産毛のように細い体毛が何度も繰り返し脱毛処理を受けることで毛穴が拡がり、毛質も変化することで固く太い剛毛に変わるケースもあります。一度剛毛になった体毛は細い状態に戻ることは殆ど無い他、毛穴の拡大によって余計に毛質が固くなりやすいのが特徴です。そのため、脱毛処理を行う際には新しく生える体毛が剛毛にならないように気を配ることが重要になります。
体毛が剛毛化する原因は脱毛時の肌への強い刺激が主なので、事前に毛穴を蒸しタオルなどでふやけさせて刺激を軽減させるのが効果的です。また、脱毛後に生じる毛穴の拡大は化粧水など保湿効果がある薬剤を塗布することで防ぐことが出来ます。肌を労わり、刺激を緩和させることで体毛が剛毛になってしまうリスクを軽減させることが可能になります。脱毛を行う回数についても肌への刺激の恒常化が体毛への悪影響に繋がるので、間隔を空けると共に脱毛に費やす時間も短くすることが剛毛の発生を減らすための大切な工夫になります。