脱毛処理で生じる肌への強い刺激は毛穴部分の炎症を引き起こすことがあります。軽度の炎症であれば時間が経つことで自然に解消されますが、短期間に繰り返し脱毛を行うと刺激が慢性化して常に毛穴に炎症が生じている状態になってしまいます。毛穴が腫れると強い痛みの他、出血を伴う吹き出物が形成される可能性が生じます。肌を綺麗にする目的で行う脱毛処理が毛穴の炎症を引き起こし、却って見栄えが悪くなってしまう結果に繋がることから、脱毛後は必ずスキンケアを行って刺激の緩和を図ることが大切です。
脱毛による刺激は無駄毛を抜き取る際に毛穴の周囲が引っ張られることで発生します。そのため、事前に蒸しタオルなどを使って毛穴を柔らかくふやけさせることで脱毛時の抵抗を減らすことが可能です。スムーズに無駄毛を抜き取ることで肌への刺激が緩和され、炎症を患うリスクを軽減させることが出来ます。また、脱毛後のスキンケアは毛穴の傷を外気から保護して保湿性を向上させる目的で行うので、保湿効果が高い化粧水を使うのが炎症の予防に繋がります。脱毛を行う前に対象の部位を洗浄して清潔な状態にすることも汚れや細菌が原因の肌トラブルを防ぐ効果があります。